五箇山の合掌造り集落_雪の相倉集落

五箇山は、日本でもめずらしい合掌造りの家屋が残る集落です。 同じく合掌造りの家屋で知られる岐阜県の白川郷とともに、世界文化遺産に登録されています。 合掌造りとは、傾斜の急な茅葺き屋根の家屋のことです。 くぎやかすがいを使わず、木材を縄やソネとよばれるマンサクの若木でむすびつけて建てられています。 その形が、両手を合わせて合掌しているように見えることから、この名前がつけられました。 屋根の角度が急傾斜なのは、五箇山が日本有数の豪雪地帯で、ふりつもった雪を落としやすくするための工夫です。 また、屋根裏部屋の広いスペースは、養蚕の作業場として使われていました。 五箇山には相倉と菅沼という2つの集落があり、現在、相倉集落に20棟、菅沼集落に9棟の合掌造りが残されています。 そのうち、約300年以上の歴史をもつ村上家や岩瀬家などが、内部を公開しています。 また、合掌造りの家屋を利用した資料館もあり、屋根裏の構造などを見学することができます。

【 注意:この動画素材は文化庁コンテンツバンクよりダウンロードしDOGADOZOに掲載しています。 そのため、この動画を利用する際にはDOGADOZOの利用規約とともに、文化庁コンテンツバンクの利用規約もご確認、ご理解の上ご利用ください。文化庁コンテンツバンク利用規約 https://cb.bunka.go.jp/ja/pages/terms-of-use 】

動画の種類: 通常動画
画質: 4K (3840x2160)
撮影方法: 通常撮影
撮影時期: 冬(12月〜2月)
ファイルの大きさ: 217MB
動画の長さ: 59.8 秒
フレームレート: 60 fps
00:00
フィックス撮影
雪の集落、フィックス
00:40
フィックス撮影
晴れた雪の集落、フィックス

関連動画

使用用途を一つ以上選択してください

システム利用料金

¥ 10,000

この動画の著作権は文化庁に属しています。システム利用料の一部は観光産業発展のために利用されます。

注意事項

動画の本使用には料金が発生します。ご使用前に必ず利用規約の確認をお願いします。

関連キーワードや動画解説の正確性は保証されません。お客様の責任において再確認をお願いします。

基本的には被写体の使用許可は取得済みです。チェックができない使用方法に関しては、著作権者が使用許可を出していない使用方法となります。

写真の被写体やその関係者、視聴者が不快と感じる可能性のある使用方法や表現・テーマでのご利用はお控えください。最悪の場合、制作物の使用差し止めや回収といった重大事故につながる危険性があります。

関連動画