石見銀山_街道

石見銀山は、日本海に面した島根県太田市にある日本最大の銀山です。
16~17世紀には、ボリビアのポトシ銀山とともに世界の二大銀山といわれていました。
石見銀山で銀の鉱脈が発見されたのは、14世紀初めです。
本格的な採掘は16世紀に入ってからで、貿易商人の神屋寿禎によって始められました。
寿禎は1533年に、朝鮮から「灰吹法」という精錬技術を導入し、銀の産出量を飛躍的にのばしました。
最盛期の17世紀前半の産出量は、年間約38トン。
当時、世界に流通する銀の約3分の1が日本産で、その大半が石見銀山の銀だったといわれています。
銀山のある佐摩村にちなみ、「Soma(ソーマ)銀」とよばれ流通しました。
1925年に休山となりましたが、現在も、銀山の繁栄とともにさかえた町並みが残されています。
また、山中には、銀を採掘するためにほられた坑道が残っていて、坑道内部を見
学することができます。

【 注意:この動画素材は文化庁コンテンツバンクよりダウンロードしDOGADOZOに掲載しています。 そのため、この動画を利用する際にはDOGADOZOの利用規約とともに、文化庁コンテンツバンクの利用規約もご確認、ご理解の上ご利用ください。文化庁コンテンツバンク利用規約 https://cb.bunka.go.jp/ja/pages/terms-of-use 】

動画の種類: 通常動画
画質: 4K (3840x2160)
拡張子: .mp4
撮影方法: 通常撮影
撮影時期: 冬(12月〜2月)
ファイルの大きさ: 219MB
動画の長さ: 60.1 秒
フレームレート: 60 fps
00:00
フィックス撮影
山道、パーンダウン
00:45
フィックス撮影
山道、フィックス
使用用途を一つ以上選択してください

システム利用料金

¥ 0

2021/11/30まで期間限定無料キャンペーン!

※ 使用可能期間はキャンペーンの期間が適用されます。

視聴データを見る

チケットをご購入いただきデータと交換することで、この動画が「どういった国に、どれくらい見られたのか」を確認することができます。

注意事項

動画の本使用には料金が発生します。ご使用前に必ず利用規約の確認をお願いします。

関連キーワードや動画解説の正確性は保証されません。お客様の責任において再確認をお願いします。

基本的には被写体の使用許可は取得済みです。チェックができない使用方法に関しては、著作権者が使用許可を出していない使用方法となります。

写真の被写体やその関係者、視聴者が不快と感じる可能性のある使用方法や表現・テーマでのご利用はお控えください。最悪の場合、制作物の使用差し止めや回収といった重大事故につながる危険性があります。