三徳山三佛寺_火渡り神事

三佛寺は、三徳山の険しい山の中にある天台宗の寺です。
山全体が境内になっていて、ふもとから中腹にかけてお堂が点在しています。
なかでも最大の見どころは投入堂です。
標高520メートルの切りたった崖にはりつくようにして建つお堂で、そこへ至るまでの道のりが過酷なことから「日本一危険な国宝」といわれています。
三徳山は、古くから山岳信仰の山として知られ、修験者たちがきびしい修行にはげんできました。
寺伝によれば、849年に延暦寺の僧の円仁が、この地に伽藍(寺院の建造物)を建立し、釈迦如来、阿弥陀如来、大日如来の三体の仏像を安置したことから、三佛寺の名がついたといわれます。
投入堂は、12世紀頃に、懸造という建築様式でつくられたと考えられています。
しかし、だれが、何のために、どのようにして建てたのかはよくわかっていません。
修験道の開祖として知られる役小角が、ふもとで組みたてたお堂を法力で投げ入れたという伝説があり、投入堂という名前はその伝説に由来します。
日本一危険といわれる投入堂ですが、冬季以外は参拝できます。
ふもとの宝物殿では、投入堂に安置されていた蔵王権現立像を見ることができます。

【 注意:この動画素材は文化庁コンテンツバンクよりダウンロードしDOGADOZOに掲載しています。 そのため、この動画を利用する際にはDOGADOZOの利用規約とともに、文化庁コンテンツバンクの利用規約もご確認、ご理解の上ご利用ください。文化庁コンテンツバンク利用規約 https://cb.bunka.go.jp/ja/pages/terms-of-use 】

動画の種類: 通常動画
画質: 4K (3840x2160)
拡張子: .mp4
撮影方法: 通常撮影
撮影時期: 秋(9月〜11月)
ファイルの大きさ: 275MB
動画の長さ: 76.8 秒
フレームレート: 60 fps
00:00
フィックス撮影
お札アップ、フィックス
00:15
フィックス撮影
念仏、フィックス
00:43
フィックス撮影
火の上を歩く、フィックス
01:06
フィックス撮影
念仏、フィックス、音あり
使用用途を一つ以上選択してください

システム利用料金

¥ 10,000

この動画の著作権は文化庁に属しています。システム利用料の一部は観光産業発展のために利用されます。

視聴データを見る

チケットをご購入いただきデータと交換することで、この動画が「どういった国に、どれくらい見られたのか」を確認することができます。
この動画は現在データを取り込み中のため、チケット交換できません。

注意事項

動画の本使用には料金が発生します。ご使用前に必ず利用規約の確認をお願いします。

関連キーワードや動画解説の正確性は保証されません。お客様の責任において再確認をお願いします。

基本的には被写体の使用許可は取得済みです。チェックができない使用方法に関しては、著作権者が使用許可を出していない使用方法となります。

写真の被写体やその関係者、視聴者が不快と感じる可能性のある使用方法や表現・テーマでのご利用はお控えください。最悪の場合、制作物の使用差し止めや回収といった重大事故につながる危険性があります。