東寺_五重塔と瓢箪池

東寺は、794年に桓武天皇(737-806)が開いた都「平安京」の唯一の遺構です。新幹線の車窓から見える五重塔は、高さ約55メートルで、木造の塔としては日本一の高さをほこります。 
東寺は、平安京(京都)遷都から2年後の796年に、都を守る官寺(国立の寺院)として創建されました。823年には、弘法大師・空海(774-835)にあたえられて真言密教の道場となり、名前も教王護国寺にあらためられました。
広大な境内には、国宝の五重塔をはじめとして、金堂、講堂、食堂、御影堂などの建物がたちならんでいます。講堂は、密教の教え広めるために建立されたもので、内部には、密教の世界観が21体の仏像を用いて立体的に表現されています。境内の西北にある御影堂は、かつて空海の住居だった場所にたつ堂で、親しみをこめて大師堂ともよばれます。
現在も毎朝、弘法大師像の前に食事を供える儀式「生身供」が行われています。
1998年に、「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録されました。

【 注意:この動画素材は文化庁コンテンツバンクよりダウンロードしDOGADOZOに掲載しています。 そのため、この動画を利用する際にはDOGADOZOの利用規約とともに、文化庁コンテンツバンクの利用規約もご確認、ご理解の上ご利用ください。文化庁コンテンツバンク利用規約 https://cb.bunka.go.jp/ja/pages/terms-of-use 】

動画の種類: 通常動画
画質: 4K (3840x2160)
拡張子: .mp4
撮影方法: 通常撮影
撮影時期: 春(3月〜5月)
ファイルの大きさ: 219MB
動画の長さ: 60.6 秒
フレームレート: 60 fps
使用用途を一つ以上選択してください

システム利用料金

¥ 10,000

この動画の著作権は文化庁に属しています。システム利用料の一部は観光産業発展のために利用されます。

視聴データを見る

チケットをご購入いただきデータと交換することで、この動画が「どういった国に、どれくらい見られたのか」を確認することができます。
この動画は現在データを取り込み中のため、チケット交換できません。

注意事項

動画の本使用には料金が発生します。ご使用前に必ず利用規約の確認をお願いします。

関連キーワードや動画解説の正確性は保証されません。お客様の責任において再確認をお願いします。

基本的には被写体の使用許可は取得済みです。チェックができない使用方法に関しては、著作権者が使用許可を出していない使用方法となります。

写真の被写体やその関係者、視聴者が不快と感じる可能性のある使用方法や表現・テーマでのご利用はお控えください。最悪の場合、制作物の使用差し止めや回収といった重大事故につながる危険性があります。