【美唄/ドローン】炭鉱メモリアル公園(前進ドリー)

TVh番組【ほっかいどう浮遊紀行】(放送終了)のドローン映像。(2014年撮影)
旧三菱美唄炭鉱施設跡地を、炭鉱の記憶をとどめるため、公園として整備された場所。
現在は、立坑櫓、電源を管理していた開閉所、原炭ポケットが残っている。この場所には、大正12年に深さ170mの立坑がつくられ、当時は、我が国における近代的模範立坑として定評があった。
閉山とともに、美唄駅から、ここ常盤台まで続いていた美唄鉄道も60年の歴史の幕を閉じた。
立坑櫓と原炭ポケットは、平成19年11月に経済産業省が指定する近代化産業遺産に選定された。

動画の種類: プレミアム動画
画質: HD
撮影方法: ドローン
撮影時期: 秋(9月〜11月)
ファイルの大きさ: 33.4MB
動画の長さ: 00:44
フレームレート: 30 fps
使用用途を一つ以上選択してください
使用期間は「ダウンロードし、編集する期間」は含まず「実際に動画コンテンツとして使用する期間」を指します。

使用料金 (税抜)

¥ 10,000

注意事項

動画の本使用には料金が発生します。ご使用前に必ず利用規約の確認をお願いします。

関連キーワードや動画解説の正確性は保証されません。お客様の責任において再確認をお願いします。

基本的には被写体の使用許可は取得済みです。チェックができない使用方法に関しては、著作権者が使用許可を出していない使用方法となります。

写真の被写体やその関係者、視聴者が不快と感じる可能性のある使用方法や表現・テーマでのご利用はお控えください。最悪の場合、制作物の使用差し止めや回収といった重大事故につながる危険性があります。