上川アイヌ_木彫技術

アイヌの彫刻は、和人(日本人)が流入し、経済を基本とする生活様式を余儀なくされた頃に新たな生計の手段として始められた。
モチーフはアイヌが神のひとつととらえるヒグマが主流で、北海道の土産品として大ヒットした歴史もある。
アイヌの木彫技術は脈々と受け継がれ、今ではふくろうなどヒグマ以外の動物などモチーフは多様化している。

【 注意:この動画素材は文化庁コンテンツバンクよりダウンロードしDOGADOZOに掲載しています。 そのため、この動画を利用する際にはDOGADOZOの利用規約とともに、文化庁コンテンツバンクの利用規約もご確認、ご理解の上ご利用ください。文化庁コンテンツバンク利用規約 https://cb.bunka.go.jp/ja/pages/terms-of-use 】

動画の種類: 通常動画
画質: 4K (3840x2160)
拡張子: .mp4
撮影方法: 通常撮影
撮影時期: 秋(9月〜11月)
ファイルの大きさ: 202MB
動画の長さ: 56.1 秒
フレームレート: 60 fps
00:00
フィックス撮影
木を彫る人、フィックス
00:11
フィックス撮影
手元のアップ
00:25
フィックス撮影
手元越しの作品、ふくろう
00:34
フィックス撮影
鮭を加えた木彫りの熊
使用用途を一つ以上選択してください

システム利用料金

¥ 0

2021/11/30まで期間限定無料キャンペーン!

※ 使用可能期間はキャンペーンの期間が適用されます。

この動画をダウンロードするとコンテンツバンクの利用規約に同意したことになります。

サンプル動画は全て拡張子「.mp4」でダウンロードされます。

視聴データを見る

チケットをご購入いただきデータと交換することで、この動画が「どういった国に、どれくらい見られたのか」を確認することができます。

注意事項

動画の本使用には料金が発生します。ご使用前に必ず利用規約の確認をお願いします。

関連キーワードや動画解説の正確性は保証されません。お客様の責任において再確認をお願いします。

写真の被写体やその関係者、視聴者が不快と感じる可能性のある使用方法や表現・テーマでのご利用はお控えください。最悪の場合、制作物の使用差し止めや回収といった重大事故につながる危険性があります。

お探しの動画が見つかりませんか?

全国の放送局に素材依頼ができます。

無料で依頼する