志田焼の里博物館_日本磁器のふるさと_肥前

「志田焼」とは、伊万里の「鍋島焼」と同時代にはじまり19世紀以降に隆盛した。「志田焼の里博物館」は、現在「志田焼」に触れることの出来る唯一(?)の施設で、大正期から昭和50年代まで操業していた陶磁器会社の工場をそっくり残している。「志田焼」は皿類の生産が大半を占め、明治時代は輸出用産品としても重要なポジションにあった。町場の暮らしをモチーフにした絵付けなど庶民向けの作風で知られ、博物館ではその大量生産工場の活気に触れながら、絵付けやロクロ、手捻の体験ができる。
【 注意:この動画素材は文化庁コンテンツバンクよりダウンロードしDOGADOZOに掲載しています。 そのため、この動画を利用する際にはDOGADOZOの利用規約とともに、文化庁コンテンツバンクの利用規約もご確認、ご理解の上ご利用ください。文化庁コンテンツバンク利用規約 https://cb.bunka.go.jp/ja/pages/terms-of-use 】

動画の種類: 通常動画
画質: 4K (3840x2160)
拡張子: .mp4
撮影方法: 通常撮影
撮影時期: 秋(9月〜11月)
ファイルの大きさ: 307MB
動画の長さ: 85.2 秒
フレームレート: 60 fps
撮影された年: 2019 年
00:00
フィックス撮影
博物館外観
00:09
フィックス撮影
建物外観
00:17
フィックス撮影
焼き窯
00:27
パンダウン
焼き窯・正面
00:52
フィックス撮影
工房・雑感
01:08
フィックス撮影
磁器
使用用途を一つ以上選択してください

システム利用料金

¥ 0

2021/11/30まで期間限定無料キャンペーン!

※ 使用可能期間はキャンペーンの期間が適用されます。

この動画をダウンロードするとコンテンツバンクの利用規約に同意したことになります。

サンプル動画は全て拡張子「.mp4」でダウンロードされます。

視聴データを見る

チケットをご購入いただきデータと交換することで、この動画が「どういった国に、どれくらい見られたのか」を確認することができます。
この動画は現在データを取り込み中のため、チケット交換できません。

注意事項

動画の本使用には料金が発生します。ご使用前に必ず利用規約の確認をお願いします。

関連キーワードや動画解説の正確性は保証されません。お客様の責任において再確認をお願いします。

写真の被写体やその関係者、視聴者が不快と感じる可能性のある使用方法や表現・テーマでのご利用はお控えください。最悪の場合、制作物の使用差し止めや回収といった重大事故につながる危険性があります。

お探しの動画が見つかりませんか?

全国の放送局に素材依頼ができます。

無料で依頼する